フレッツ光とは?

光がかなえる、たくさんの夢 光ファイバーだから、けた違いの速さ 最大200Mbpsの超高速インターネット接続サービス

フレッツ光とは?

「アナログ」「ISDN」「ADSL」「光ファイバー」のそれぞれを道路に例えた場合、

光ファイバー 一切の干渉がない専用道路(安全かつ高速)
ADSL 一般道を必死に走る自動車
(スピードは出るが、障害も多い)
ただし、この3つには交差点がある(干渉し合っている)
ISDN 自転車専用道路を走る自転車
(アナログよりは速いがADSLにはかなわない)
アナログ 一般道の歩道を使っている歩行者(安全だが遅い)

光ファイバーは、非常に細いガラス繊維のケーブルを厳重に包み込んだケーブルです。データは光に変換され、安定した状態で通っていくことができます。現在、ADSLの通信速度が最大下り47Mbpsなのに対し、光ファイバーなら下り最大200Mbps、上り最大100Mbps(ハイスピードタイプの場合)の速度を持っています。
もちろん、電話回線のように、距離やノイズによる影響もありません。現実に、光ファイバーは、国際電話やインターネットの基幹ケーブルとして、太平洋の海底に敷設されています。すでに、私たちは、この光ファイバーを無意識に利用しているのです。

フレッツ光なら上りも下りもブロードバンド

これまで、インターネットは、ユーザがインターネット上のWebサイトやファイルを受信(下り)することが中心でした。逆に送信(上り)するのは、メールやホームページの更新など、ごく一部に限られていたと思います。
そのため、ADSLでは、使用頻度の高い下り回線を高速化するために、多く帯域を割り当てているのです。

逆に言えば、下りのスピードを優先するあまりに、上りの速度を犠牲にしているのです。上りは最大5Mbps程度しかありません。

これまでは、それでも十分でしたが、最近は、画像や映像など、大きなデータのやり取りも増えてきました。パーティなどで撮ったデジカメ画像をWebアルバムに入れておく、といったやりとりも珍しくなくなりました。そんなとき、送信が最大5Mbpsで、なおかつ不安定な回線ではストレスになるかもしれません。

しかし、光ファイバーを使っているフレッツ光なら、下り最大200Mbps、上り最大100Mbps(ハイスピードタイプの場合)。フレッツ光ユーザ同士で接続しても、オフィスからアクセスしても、そのパソコンのハードディスクのように扱えます。

ADSLユーザ同士でデータの受け渡しをすると、どんなに頑張っても下り最大47Mbps、上り最大5Mbpsまでしか出ません。
自宅のパソコンもハードディスク感覚でアクセスできるのは、フレッツ光だけですね。

※フレッツ光はベストエフォート型サービスのため、通信速度や通信品質を保証するものではありません。

お申し込みはこちらから

インターネットからのお申し込みは24時間受付中!

フレッツ光を申し込む

NTT光のお電話からのお申し込み・お問い合わせは

受付時間10:00〜21:00 TEL:0120-391-751

プロバイダ切り替えキャンペーン

フレッツ光を導入

PR

デイサービス開業ネット ALLバイク便GATE カウネット無料カタログ